« ■御礼 | トップページ | ■和っおどろいた! »

■2005年新年イベント

昨年末、このサイトをご覧いただいたプランナーの方から打診があり、
12月31日〜1月3日までの4日間、東京プリンスホテルと赤坂プリンスホテルで開催された『ニューイヤーイベント』の会場内の投扇興特設コーナーを担当させていただきました。
akapri

当初は日程が日程だけに、スタッフを確保できるか心配でしたが、
Domiっち、ひろみっち、ふみっち、そして瓦落多連からにょいっちとみみきさんにご協力いただき、無事お受けすることができました。

■東京プリンスホテル
東京・芝にある「東プリ」では31日〜3日まで4日間の担当でした。
ニューイヤーイベントは、主に宿泊客を対象にしていますが、外からの来客も無料で入場できます。
会場内では、大道芸や占星術、似顔絵、初釜(お茶)をはじめ、様々なハンドクラフトなどのブースが20以上あり、その一画に、投扇興用のひな壇が設置されていました。

topri01
4×5.5mほどのからし色のひな壇に緋毛氈がきれいに映えます。

投扇興コーナーは会場の入り口付近にあったため、来場者は扇子を投げている様子を珍しそうに見ながら会場内へと入って来ます。当然、ほとんどの方が投扇興未体験。
その中で、少しでも足を止めて見ている方にはすかさず声をかけて、扇子を投げてもらいます。
最初は戸惑いがちにひな壇にあがる方がほとんどですが、何投かするうちと、皆さん「面白いですね!」と笑顔になり、繰り返し繰り返し投げていきます。

小学校低学年以下のお子さんの場合には、座布団1枚分手前にし、距離を短くしました。
すぐ側で写真を撮っているご家族の方も、扇子が蝶に当たると「ワァー!」と歓声をあげて拍手喝采となるので、徐々にたくさんのお客さんが集まってくるようになり、かなりの盛況となりました。
topri02

お子さんや外国の方にも喜んでいただけました。


■「きもの」がさらに雰囲気を盛り上げて…
「赤プリ」では、最終日の1月3日のみの担当でした。
こちらでは、ホテル側からの強い要望で、スタッフは全員和装で臨みました。
きもので投扇興は、自分たちにとっても初めてのことでしたが、やはり洋服とは違い、お正月らしい雰囲気がぐっと盛り上がります。さらに、ひな壇の奥には金屏風もあり、この上ない「絵」になりました。
akapri


また、東プリに比べてひな壇が一回り大きく、全面が朱赤だったこともあり、急遽緑色の毛氈も敷いて、投席を2席設けることができたので、かなりスムーズに来場者に体験してもらうことができました。

両会場で延べ5日間、幼稚園のお子さんから、80歳以上のご年配の方まで、正に老若男女合わせ100人以上の皆さんに投扇興を体験していただくことができました。

私が見た限りでは、体験された中で「つまらない」と言われた方は1人もおられず、改めて投扇興の面白さを認識させられることになりました。

またこういう機会に恵まれることを望んでおります。

|
|

« ■御礼 | トップページ | ■和っおどろいた! »

コメント

ニューイヤーイベント、お世話になりました。
1日だけのお手伝いでしたが、楽しかったです。
特に、お子ちゃまが楽しんでましたわー。
これからが楽しみですねぇ。

じゃが連の皆さん、着物でしたねー。
すごく素敵でした♪
また機会があったら、私も着物で参加したいです。

いまいち調子が悪く、ご挨拶・お礼もそこそこに帰ってしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: みみき | 2005.01.06 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6928/2480302

この記事へのトラックバック一覧です: ■2005年新年イベント:

« ■御礼 | トップページ | ■和っおどろいた! »