« ■4名の名取り誕生! | トップページ | ■10月例会会場のごあんない »

■「夢」いちばん近づいた瞬間…

今日、目黒で行われた日本ゲーム協会(JAGA)の例会で、銀扇、蓬宴、華遊、Domi、しみずさんと、新メンバー、アマリリスさんの6人で投扇興の試合(各人4試合)をしました。
アマリリスさんは、「名取りの銘」に釣られて…いや、憧れての初参加です(笑)。

冷房の風の影響を僅かに受けながら各人の試合は進むなか、それは銀扇の3試合目、華遊との対戦中に起こりました。

その試合、銀扇の第2投目のこと。落ちた蝶は枕の横、数センチのところで立ち、扇は枕の上にとどまって『桐壺か!』と思った瞬間、枕の上の扇がゆ〜っくりと傾き始めて、結果片方の褄が地につき“静かに”「若紫」になりました。
この時、地に着いた扇と蝶の間は僅か2センチほど…。
そう、あと2センチ蝶と扇が近ければ、ゆっくりと傾いた扇は蝶に触れたところで止まっていたことでしょう…。
『夢の浮橋』の“現実味”を、これまでで一番強く感じた一瞬でした。
「夢」はこんなカンジで現れるんですね、きっと。(笑)

|
|

« ■4名の名取り誕生! | トップページ | ■10月例会会場のごあんない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6928/5562792

この記事へのトラックバック一覧です: ■「夢」いちばん近づいた瞬間…:

« ■4名の名取り誕生! | トップページ | ■10月例会会場のごあんない »